梅毒検査キットおすすめ3選

梅毒検査キット
おすすめ3選

お近くの専門クリニックで梅毒検査をしようとお考えの方にも郵送検査キットをおすすめします。理由はシンプルでクリニックでの検査と比較した場合、郵送検査キットの方が安価で利便性が高いからです。

男性へのおすすめはこちら
女性へのおすすめ3選

検査キットポイント
1性病検査STDチェッカー
タイプF(女性用)



7項目検査:クラミジア、
淋菌、トリコモナス、カンジダ
HIV(エイズ)、
梅毒、B型肝炎
近い症状の性病を一気に
検査したい方に

詳しくはこちら
2性病検査STDチェッカー
タイプS(女性用)



9項目検査:クラミジア、
淋菌、トリコモナス、
カンジダ、HIV(エイズ)、
梅毒、B型肝炎、
クラミジア(のど)、
淋菌(のど)
のどの違和感の理由を
はっきりさせたい方に

詳しくはこちら
3性病検査STDチェッカー
タイプT(女性用)



12項目検査:クラミジア、
淋菌、トリコモナス、
カンジダ、一般細菌、
HPV(ヒトパピローマウイルス)※悪性型、
HIV(エイズ)、
梅毒、B型肝炎、C型肝炎、
クラミジア(のど)、
淋菌(のど)
女性の性病を徹底的に
検査したい方に

詳しくはこちら

男性へのおすすめはこちら

女性へのおすすめ理由

”梅毒かも?”と不安に感じている女性におすすめの検査キットをご紹介させていただきましたが、なぜこの3つをおすすめしたのかその理由を解説していきたいと思います。

理由その1:梅毒と似た症状の性病/性感染症がある
梅毒は時間経過とともに様々な症状が出る性病/性感染症です。初期は性器、肛門、唇などの感染部位に痛みをともなわない腫れやしこりができたり、進行が進むと発疹の症状や倦怠感や発熱などの風邪のような症状もでてきます。このような症状はHIV(エイズ)、B型肝炎でも出ることがあり、もし症状が出ているのであれば、一緒に検査することをおすすめします。
理由その2:梅毒・HIV・B型肝炎は放置するとリスクが高い
梅毒自体も放置すると進行していき、重症化するためリスクが高いのですが、梅毒と同じような症状が出ることがあるHIV(エイズ)、B型肝炎は最悪の場合死に至るケースもあり、早期発見早期治療が必須の性病/性感染症です。そのため少しでも不安に感じたらまずは郵送検査を実施されることをおすすめします。
理由その3:”のど”の違和感による不安を払拭する
梅毒、HIV、B型肝炎は倦怠感や発熱などの風邪のような症状と一緒にのどに違和感が出ることもあります。のどの違和感が出る性病/性感染症としては、クラミジア、淋病/淋菌などがありますので、それらも一緒に検査し何が原因かをはっきりさせることで余計な不安を残さないことをおすすめします。
以上、3つの理由から梅毒に不安を感じている女性の方には梅毒単体の検査だけではなく、複数の性病/性感染症の検査が行える検査キットをおすすめさせて頂きました。
特に1つ目にあげた「性病検査STDチェッカータイプF(女性用)」は症状が近い、代表的な性病/性感染症検査が一緒に行えるため、迷ったらまずこちらを使って検査を実施することをおすすめします。

女性へのおすすめをもう一度確認

また性病検査キット会社のおすすめや専門クリニックと検査キットの価格比較(冒頭でお伝えした通り検査キットの方が安いです)もご紹介しておりますので、こちらも合わせてご覧ください。

【2021年最新】
性病検査キットおすすめ3選
メーカー名ポイント
1位STD研究所

4.6

使いやすいサイトと
最短翌日の検査結果で
すぐに検査をしたい方にオススメ

詳しくはこちら
2位GME医学
検査研究所
4.4
低価格・最短翌日の検査結果
・365日検査サポートの
高コスパサービス

詳しくはこちら
3位ふじメディカル

4.0

低価格かつ唯一コンビニ受取対応で
誰にもバレずに検査可能

詳しくはこちら

価格比較まとめ
※性感染症専門クリニック・性感染症検査キットそれぞれ5社を調査し平均値で比較・まとめ

検査キット専門クリニック差額
HIV¥3,984¥6,560-2,576
2項目¥5,660¥13,120-7,460
4項目¥7,265¥15,560-8,295
6項目¥9,727¥21,160-11,433

男性へのおすすめ3選

検査キットポイント
1性病検査STDチェッカー
タイプE(男性用)



5項目検査:クラミジア、
淋菌、HIV(エイズ)、
梅毒、B型肝炎
近い症状の性病を一気に
検査したい方に

詳しくはこちら
2性病検査STDチェッカー
タイプR(男性用)



7項目検査:クラミジア、
淋菌、HIV(エイズ)、
梅毒、B型肝炎、
クラミジア(のど)、
淋菌(のど)
のどの違和感の理由を
はっきりさせたい方に

詳しくはこちら
3性病検査STDチェッカー
タイプU(男性用)



10項目検査:クラミジア、
淋菌、マイコプラズマ、
ウレアプラズマ、HIV(エイズ)、
梅毒、B型肝炎、
C型肝炎、
クラミジア(のど)、
淋菌(のど)
男性の性病を徹底的に
検査したい方に

詳しくはこちら

女性へのおすすめはこちら

男性へのおすすめ理由
”梅毒かも?”と不安に感じている男性におすすめの検査キットをご紹介させていただきましたが、なぜこの3つをおすすめしたのかその理由を解説していきたいと思います。

理由その1:梅毒と似た症状の性病/性感染症がある
梅毒は時間経過とともに様々な症状が出る性病/性感染症です。初期は性器、肛門、唇などの感染部位に痛みをともなわない腫れやしこりができたり、進行が進むと発疹の症状や倦怠感や発熱などの風邪のような症状もでてきます。このような症状はHIV(エイズ)、B型肝炎でも出ることがあり、もし症状が出ているのであれば、一緒に検査することをおすすめします。
理由その2:梅毒・HIV・B型肝炎は放置するとリスクが高い
梅毒自体も放置すると進行していき、重症化するためリスクが高いのですが、梅毒と同じような症状が出ることがあるHIV(エイズ)、B型肝炎は最悪の場合死に至るケースもあり、早期発見早期治療が必須の性病/性感染症です。そのため少しでも不安に感じたらまずは郵送検査を実施されることをおすすめします。
理由その3:”のど”の違和感による不安を払拭する
梅毒、HIV、B型肝炎は倦怠感や発熱などの風邪のような症状と一緒にのどに違和感が出ることもあります。のどの違和感が出る性病/性感染症としては、クラミジア、淋病/淋菌などがありますので、それらも一緒に検査し何が原因かをはっきりさせることで余計な不安を残さないことをおすすめします。
以上、3つの理由から梅毒に不安を感じている男性の方には梅毒単体の検査だけではなく、複数の性病/性感染症の検査が行える検査キットをおすすめさせて頂きました。
特に1つ目にあげた「性病検査STDチェッカータイプE(男性用)」は症状が近い、代表的な性病/性感染症検査が一緒に行えるため、迷ったらまずこちらを使って検査を実施することをおすすめします。

男性へのおすすめをもう一度確認

また性病検査キット会社のおすすめや専門クリニックと検査キットの価格比較(冒頭でお伝えした通り検査キットの方が安いです)もご紹介しておりますので、こちらも合わせてご覧ください。

【2021年最新】
性病検査キットおすすめ3選
メーカー名ポイント
1位STD研究所

4.6

使いやすいサイトと
最短翌日の検査結果で
すぐに検査をしたい方にオススメ

詳しくはこちら
2位GME医学
検査研究所
4.4
低価格・最短翌日の検査結果
・365日検査サポートの
高コスパサービス

詳しくはこちら
3位ふじメディカル

4.0

低価格かつ唯一コンビニ受取対応で
誰にもバレずに検査可能

詳しくはこちら

価格比較まとめ
※性感染症専門クリニック・性感染症検査キットそれぞれ5社を調査し平均値で比較・まとめ

検査キット専門クリニック差額
HIV¥3,984¥6,560-2,576
2項目¥5,660¥13,120-7,460
4項目¥7,265¥15,560-8,295
6項目¥9,727¥21,160-11,433
関連サイトおすすめ記事
【薄毛/AGA対策の費用・選び方徹底解説】薄毛/AGA対策おすすめ3選
薄毛/AGAは遺伝や男性ホルモンの影響などが原因で発症する疾患です。そのため治療を行わない限り薄毛の進行は食い止められません。育毛剤はあくまで薄毛の”予防効果”しかなく、薄毛の進行を止める・発毛させるためにはAGA治療薬による投薬治療が必要です。そのため、薄毛対策を行いたい方には…

人気記事
【2021年最新】性病検査キットおすすめ3選

性病の心配があった際に便利でお得な性病検査キットを「価格」「サポート」「検査スピード」「利便性」を評価軸に評価、その中でもオススメの3商品をご紹介。

性病検査どっちが安い?郵送検査キットと性病専門クリニック価格比較

性病クリニック・性病検査キットそれぞれ5社を調査し価格比較を実施しました。

HIV(エイズ)検査キットの費用・選び方徹底解説

HIV(エイズ)検査の「費用」、大事な「選び方」を解説、またクリニック検査との費用差額を基にお得度の高いオススメの3商品をご紹介しております。

クラミジア検査キットの費用・選び方徹底解説

クラミジア検査の「費用比較」、大事な「選び方」を基にオススメの3商品をご紹介しております。

梅毒検査キットの選び方・価格徹底比較

梅毒検査の「費用比較」、大事な「選び方」を基にオススメの3商品をご紹介しております。

あなたとパートナーを守る性感染症情報
性病ナビ
タイトルとURLをコピーしました